Film note

主にフィルムで撮った写真などなど・・・

冬の楽しみ方

前回引き取らせていただいた中の1台、Canon FX。

外観はすこぶる汚れていたので、機構もちゃんと機能するのか少し不安だったのだけれど、まずは普通に触れる状態に拭きふき磨いて大雑把ではあるけれど動作チェックをしてみて、これならイケるかなぁというところまでになったかな。

f:id:hakobe1004:20181212110347j:plain

裏ぶたを開いたら装着しようとしてスプールまで引き出されてはいるけれど、噛まされていないフィルムが入っていた。こういうのを見るとただカメラ個体だけを見ているのとは違って、このカメラが前のオーナーに確かに使われていたんだよな、という実感が伝わってくるが、いつの日にかデジタルカメラへと移行し、この個体は手垢と埃にまみれたまま何年も仮死状態だったんだろうな・・・と思うとなんだか擬人化されてきて哀れに思えてくる。

f:id:hakobe1004:20181212110428j:plain

でも今、復活・生き返った(と思うよ・・・)!

幸いなことにレンズにもシャッター膜にもカビもなく、そこそこの実用に耐えうる程度で十分だ。

大柄なボディに重いレンズ。レフレックスの典型的デザインと旧体ロゴが昭和を感じさせてくれるから、なんともノスタルジックな空気を感じつつ、新しいフィルムをセットし試写にでも・・・と思ってはみたけれど、モルト交換がまだだし外は雨風吹き荒れる冬の空だし、みかんでも食べながらゆっくりと作業を進めるよりほか仕方がないようだ。

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

 

カメラは使ってナンボ

今日はこれまた古フルカメラをいただいたお話。

YASHICA LYNX-1000。

仕事柄、こういう古いカメラはよく手元にやってくる。もう使わないから、デジタルに買い替えるから・・・そして気づいたら自分の身の回りは古フルカメラに囲まれてしまっている。

一応ザックリと動作のチェックをして、レンズを覗いてみてこれなら大丈夫だろうという個体は別の世界へ旅立たせるし、別の世界にも行けそうにないモノ達は自分が引取ってみる。持ち帰った個体はふきふきガチャガチャしながら、使える(自分が)状態にして再びカメラに命を吹き込む。

 

f:id:hakobe1004:20181205125410j:plain

こいつはまだまだ元気にシャッターを切ってくれるしファインダーの二重像もすこぶるきれいだ。シャッター巻き上げも実にスムース。でもSSの精度なんて合っているはずがないのが前提なんだけれど、しばらく使っていくと、その個体ごとに 露出やSSのツボが見えてくるので、自分で使う分には十分なのだ。

f:id:hakobe1004:20181205125436j:plain

 まだまだ俺はイケるぜ!!って言わんばかりの輝きを放ってるよ。

他にも出番待ちのカメラが控えている。もう自分は使われなくなると知ったカメラ達はどんな気持ちでいるんだろう・・・

それとも、もういい加減引退させてくれよって言ってるんだろうか・・・

 

自分には、俺たちはまだまだイケるぜ、はよ使ってくれよ!!って言ってるような気がしてる。

f:id:hakobe1004:20181205125502j:plain

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

二足の草鞋

何度か撮っているうちにマイクロフォーサーズの画角にも慣れてくるもんだな、なんて今更ながらではあるけれど思ってみた。

長野県飯山市にある称念寺の紅葉もそろそろ終わりのようだ。

 

f:id:hakobe1004:20181128153557j:plain

PEN F W Nikkor-c 1:3.5  f=3.5cm

小さなボディとレンズで軽快にシャッターを切っていくのは本当に気持ちがいい。

マミヤRB67などの中判カメラを三脚に乗せて、じっくりと時を待ちながらの風景撮も楽しいけれど、こうやって目に入った景色を深く考えずにスパッと切り取っていく撮影も楽しいものだ。

f:id:hakobe1004:20181128155753j:plain

この手軽さと質感が、モノクロ撮影をフィルムからデジタルに比率を傾かせていきそうな気がしなくもないが、時間の流れというか、撮影までのプロセスみたいなもの・・・シチュエーションを決めてフィルムと機材の選択に始まって、シャッターを切るまでの道のり(大袈裟だけれど)、そして現像・プリントといった一連の時間という束縛あってこその楽しみも自分には捨てがたい楽しみなんだろうなって。

手軽でいて必要に十分な描写と質感。不便だけれど不便とは感じない、必要な時間の束縛とそのあとに得る嬉しさと失敗への凹み感。今は両方を味わえるいい時代だ。

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

 

理屈じゃないものを感じながら

今日はある方のブログをみて、久しぶりにデジタルに没頭した最近の事などをと・・・

その方のブログではデジタルとフィルムと、とてもよいバランスで楽しまれているのがよく伝わる記事で、なんか自分は忘れているな・・・と思わせてくれたところも気づかされたりと、最近は楽しみに読んでたりしている。

そいうえば(というか、使えよってこと)自分もPEN Fあるんだよなぁ・・・でも最近はご無沙汰してるし、いっちょうキバッてみるかとフリマサイトで見つけて迷わず購入したレンズ、Nippon Kogaku W-Nikkor-C 1:3.5 f=3.5cm を付けて近所で試し撮りをしてみた。 

f:id:hakobe1004:20181121144313j:plain

PEN F  W-Nikkor-C 1:3.5 f=3.5cm

このレンズ、思った通り、期待通りの描写にしばらくハマりそうだ。

イカのズマロンは高くて買えないし、やりきれんなぁ・・・なんて惨めな気分は吹っ飛んだ。さすがNippon kogaku。

 

Lマウント好きの自分としてはコピーライカの国産モデル、レオタックスに合うレンズを楽しんでいるが(安いしね)、35mmという画角のレンズはもっていなかった。

f:id:hakobe1004:20181121143124j:plain

 これで15mm、35mm、50mmと一応それなりの選択肢を得ることが出来たけれど、マイクロフォーサーズを基準に画角を選んでいるわけではないので、いざPEN Fに付けても、フィルム機と大きく違う画角に少々戸惑ってしまうのは、やはり古い人間ということか・・

f:id:hakobe1004:20181121145803j:plain

でもでも あらためて、PEN Fのモノクロはいいなと思った。

もちろん現代のM.ZUKOレンズは素晴らしいのだろうけれど(自分は持ってないけれど・・・)古いレンズでのモノクロは、自分のフィーリングと合うようだ。何が具体的に合うのかと聞かれても即答はできないかもしれない。カメラもレンズも道具であるのだから、使っていて気分がいいフィーリングが大切なんだと。うまい言葉では表現できないけれど、今更ながら感じる。PENTAX LX、MX、Minolta SRT101も、Nikon F2もそうだし、レンズもそうだ。それぞれがもつ個性と存在感、そしてそれらを世に送り出してきてくれた先人たちへの敬意の念が、いまそれらを使う自分へ最高のフィーリングを与えてくれているんじゃないだろうか。

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

 

 

 

ボヤキながらシャッターを切る

11月に入って一段と寒さが増してきた。

でも海辺を歩くカップルはアツアツだね・・・

 

f:id:hakobe1004:20181114185217j:plain

PENTAX LX SMC M50mm F1.4  SUPERIA PUREMIUM400

 

 ほろ苦い若かりし頃の自分を思い出しながらシャッターを切ってみた。

若い頃は「大人の男」ってやつに憧れて、背伸びしてみたりしたけれど、

年を重ねるごとに思うことは、

あぁ…あの頃に戻りたい…

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

 

休日はいつも雨・・・

 

最近は仕事が忙しく、ようやく7連勤の忙しさから解放され撮りにいけるかと思いきや、今日は朝から台風のような雨風で・・・ついてないなぁ・・・

ということで、季節外れだけれど8月に十日町の松之山温泉に出掛けた際、森を散策したときの写真を引っぱりだしてみる。

 

f:id:hakobe1004:20181030110226j:plain

PENTAX LX SMC PENTAX M28mm f2.8  

SUPERIA PREMIUM400

 

山はすでに紅葉もきれいなんだろうなぁとか思ってみるけれど、なかなか休日とのタイミングが合わないので、フットワークのよい組み合わせ、PENTAX LXと28mmf2.8か50mmf1.4、それか少し重いけれどシャッターフィールがお気に入りのミノルタSRT101とMC ROKKOR28mmf3.5を片手に街の風景と街路樹の紅葉を今まで以上に堪能してみようと思う。

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村

 

 

 

朝の空気を切り取る

PENTAX LXとM50mmf1.4

 手に持った時のしっくり感は、自分が手に触れたことのある数あるカメラの中でも最高の逸品といってもいいんじゃないかな。

 

f:id:hakobe1004:20181021205648j:plain

PENTAX LX SMC PENTAX M 50mm F1.4

SUPERIA PREMIUM 400

 

程よいサイズのボディと出しゃばらないレンズのセットでまた散歩に出掛けよう。

 

にほんブログ村 写真ブログ フィルムカメラへ
にほんブログ村